交流拡大委員会

 

交流拡大委員会 委員長 基本方針

現在、氷見青年会議所の運動、活動に重要なメンバー数が減少傾向にあり、このままでは明るい豊かな                                                            氷見を実現できなくなってしまうことが危惧されます。                                                             今こそ我々が地域の人々との新たな繋がりを創出し、様々な意見や想いを共有すると共に我々の活動に                                                               賛同してもらい、多くの同志を迎え入れ一人ひとりが自己修練の中で成長し、地域を牽引していくリーダー                                                                 として氷見に変革の風を巻き起こす必要があります。                                                            本年度交流拡大委員会では、一人でも多くの同志を迎え入れるために、定期的にメンバーへ情報提供の                                                          呼びかけを行い現状の進捗状況を共有することで、まずは候補者リストの充実とメンバーの拡大意識の                                                                 向上を図ります。 そして、会員拡大活動を促進させるために、PDCAサイクルを回し候補者への最善の                                                          アプローチを模索することで、候補者一人ひとりに合った適切な方法で入会を促します。                                                                 さらに、新入会員においては氷見青年会議所の理解を図るために、メンバーから青年会議所の魅力や                                                           存在価値を伝播してもらう機会を設け、氷見青年会議所に入会した意義をそれぞれに持ってもらいます。                                                                  また、青年世代との新たな繋がりを作るために、交流を主とした意見交換の場を設けることで、共感し合                                                               える同世代との出会いから新しい発見や見識の広がりをメンバーに感じてもらいます。                                                                そして、氷見青年会議所の存在を今以上に地域へ広めるために、地域の方々と親睦を深め我々の運動、                                                             活動に賛同してもらうことで、世代を超えた繋がりが生まれより一層我々の運動、活動が地域にインパクト                                                                を与えられるものとなり市民の意識変革に繋がります。                                                              先輩諸兄から受け継がれてきたこの氷見青年会議所の大義のもと、多くの同志を迎え入れた我々が地域の                                                            声に耳を傾け自分なりの意義を持ち、能動的に行う運動、活動は明るい豊かな氷見に繋がると確信します。

 

   <事業計画>

     1. 会員拡大に関する事項

     2. 新入会員の入会後の教育に関する事項

     3. 青年世代との交流

     4. 地域との交流

     5. わんぱく相撲氷見場所、ブロック大会の支援

     6. 例会担当(3月、8月)