地域の未来創生委員会 基本方針

                            委員長 基本方針

                                         地域の未来創生委員会
                                            委員長 堀川悟

            近年の少子化・核家族化や地域のつながりの希薄化などにより、家庭や地域での教育が
           難しくなってきており、地域の方々からの知識・経験の伝達で人間形成を担う愛郷心の醸
           成を培う環境がなくなりつつあります。こういう時代において、家庭・学校・地域が相互
           に連携して子供たちを嘱目し、教育していく環境と社会秩序に大切な自尊心と愛郷心を持
           って自発的に考えて行動のできる大人へと教育していく機会の創出が必要です。
            本年度地域の未来創生委員会では、輝かしい氷見の未来を創生していく子供たちと共に
           地域社会の大人も氷見の良さを確認し、氷見を誇りに思ってもらうため、氷見の特色を活
           かした事業及び人間性を養う機会を提供し、氷見を誇れる人財の創出をしていきます。氷
           見の魅力発見と共に誇りに思ってもらうために、五感を刺激して氷見の魅力を脳裏に定着
           するような事業を展開し、継続的な「氷見想い」を醸成していきます。そして、子供たち
           が輝かしい氷見の姿を描き、氷見のために考えて行動できるような市民になってもらうた
           めには、自分で考え行動できる力を身につける教育法を提案していくことで、自立するた
           めの自考力を高めてもらいます。さらに、地域社会の形成と心豊かな青少年を育成するた
           め、わんぱく相撲氷見場所を開催し、自分を支えてくれている周囲の人達に感謝する気持
           ちと社会生活に必要な徳性を養ってもらいます。また、将来の地域を牽引していく人間と
           しての責任感や協調性のある意識を養うために、子供たちに様々な表現をする機会を創出
           し、自尊心を持って秩序ある行動のできる人間形成を担ってもらいます。
            氷見の未来を創生する子供と地域の大人が、氷見に対する郷土愛を育み、地域社会との
           連携が強化され、輝かしい氷見を創りあげていくための新しい発想と秩序ある行動力が伴
           った「ひみりょく人間」が増大し、明るい豊かな氷見を創生していくことを確信します。

           <事業計画>
           1.未来を担う青少年の育成
           2.わんぱく相撲の運営
           3.会員拡大に関する事項
           4.広報活動の支援
           5.例会担当(3月、6月、10月)