絆醸成委員会 委員長 基本方針

私たちは家族や会社の支えがあるからこそ青年会議所運動、活動を通して仲間たちと様々な経験ができ、成長する機会が与えられています。しかし、私たちと家族とでは思いに違いがあり青年会議所のことを理解されていない部分があります。家族に自分自身のことを理解してもらうと共に、地域貢献や地域課題に取り組む姿勢と同じ熱量で、自信を持って私たち氷見青年会議所のことを伝え、絆を醸成していく必要があります。

本年度絆醸成委員会では、私たち氷見青年会議所がメンバーと家族の強い絆で結ばれた団体となるために、メンバーと家族との信頼関係を育み、メンバーと家族の交流だけではなく家族同士も交流し親睦を深めることでメンバーとその家族との絆だけでなくメンバー同士の絆、家族同士の絆へとより大きなものにしていきます。まずは、私たちメンバーが家族から力強く背中を押してもらえる存在になるために、家庭内や会社内での自分を見つめなおし、尚且つお互いの関係を見つめなおす機会を企画し、メンバーそれぞれに家族のあり方を考えてもらうことでメンバー自身の価値観を知ってもらい、家族で共有してもらいます。そして、家族に私たち氷見青年会議所は苦労をして修練する場所だけではなく、苦楽を共にしてメンバーが一丸となって運動、活動を行っている団体だということを知ってもらうために、普段私たちがどのような雰囲気でどのようなメンバーと共に運動、活動しているのかを見てもらい、メンバーと家族が交流することで氷見青年会議所内での私たちメンバーの姿に関心を持ってもらいます。

家族の絆やメンバーの絆といった多くの人で繋がった絆は、私たち氷見青年会議所の大きな後押しとなり、私たちが活き活きと運動、活動する姿が地域の発展そして明るい氷見の実現に繋がると確信します。

 

   <事業計画>

     1.メンバーと家族の絆醸成

     2.家族と共に築く家訓研修

     3.メンバー、家族交流に関する事項

     4.わんぱく相撲氷見場所、わんぱく相撲ブロック大会の支援

     5.会員拡大に関する事項

     6.例会担当(4月、12月)