6月度例会(氷見市長・氷見青年会議所トークセッション) 開催報告

林市長には青年会議所の活動運動を理解していただき、氷見青年会議所メンバーには、氷見の地方創生について知識を向上させ、
青年会議所の役割を再認識していただくことを目的とし、6月度例会(氷見市長・氷見青年会議所トークセッション)を開催いたしました。
林市長と三国理事長がパネリストとなり、氷見市まち・ひと・しごと創生総合戦略を参考に、
市長の考えと青年会議所の考えを対話形式で話し合い、
市長に我々のことをより知っていただけるように青年会議所が行ってきた事業も踏まえて、以下のテーマで意見交換を行いました。

テーマ(氷見市の地方創生)
 ①人口ビジョンについて(既婚率、出生率の増加等)
 ②教育ビジョンについて(子育て環境の充実・ICT教育・青少年育成)
 ③雇用・ひとづくりビジョンについて(企業就職支援・ひとづくり・まちづくり)

自分たちも知らなかった氷見市の取り組みを聞いたり、
市長に提案したり、意見を言ったり、質問したりする機会があり、有意義な意見交換が行えました。
私たちJCがこれから何をしていかなければいけないのか、考える場になりました。
今回の学びを今後のJC活動運動につなげていきたいと思います。